業務内容|岐阜市で高収入のお仕事や、とび求人をお探しの際は【有限会社 斉木組】の求人へ。モノを未来へつなぐお仕事です。

業務内容

私たちの業務を紹介します

  • 橋梁、コンクリート構造物の補修・補強工事
  • トンネル工事
  • 足場工事
  • 鋼構造物の取付
  • 支承取替
  • 伸縮装置取替
  • 樹皮・モルタル注入工事 ・アンカー工事
  • 断面修復工
  • ひび割れ注入工

橋梁、コンクリート構造物の補修・補強工事

橋梁、コンクリート構造物の補修・補強工事
近年、コンクリートは建設材料として最も広範囲に用いられ、コンクリート構造物として建築されています。しかし、塩害、中性化、アルカリ骨材反応、酸性雨などによって従来のコンクリートの寿命(50年)と比較して、短い10数年で現れるようになりました。
劣化の程度を明らかにし、将来の劣化の進行を予測することが、コンクリート耐久性の向上に必要です。
コンクリート構造物の補修・補強工事では、費用を抑えつつ構造物の寿命を延ばさなければいけません。
たとえ同一の工法であっても変化、劣化の状態はさまざま。
構造物の置かれている環境などの影響も受けます。
効果的に寿命を延ばすために、劣化・損傷した要因や補修・補強の目的を明確にし、十分に検討して適切な工法・材料を選定する必要があると思われます。

トンネル工事

トンネル工事
年月とともにトンネルの覆工が劣化し変状が発生すると、崩落や剥離につながり、通行車両や歩行者などの利用者の方々の安全を脅かすことになってしまいます。
利用者被害につながるひび割れ、漏水、変形、うき、剥離等の変状などこれらを点検し変状を把握し、応急処置として叩き落し作業などを行った後に防錆処理を行います。
調査結果を元に、適切な補修や補強対策工の設計を進めていきます。

足場工事

足場工事

足場工事は、大工などの職人を支える「縁の下の力持ち」のような仕事になります。
足場組立は、リフォームや屋根の工事の前に行います。
その他にも用途や目的はさまざまで、催しなどの会場設営や舞台ステージなどにも足場組立は行います。しっかりした足場が組み立てれていないと、工事の進行に支障をきたしたり不慮の事故が起こってしまう可能性があります。
足場工事は早さも必要ですが、しっかりと丁寧に作っていくことが必要・大切になります。

他職が命を預けられる足場を組み立てる為、責任は重大でとてもやりがいのある仕事です。

鋼構造物の取付(落橋防止・変位制限装置取付等)

鋼構造物の取付(落橋防止・変位制限装置取付等)

設計で想定される以上の地震の際や、周辺地盤の破壊や予測しない振動によって、橋桁がずれたり、落下する事態に対するフェイルセーフ機構として落橋防止システム(落橋防止・変位制限装置等)の設置が規定されています。
震災によって橋桁が移動することが原因の支承や伸縮装置の損壊を防ぐ為に、コンクリートの突起を設けたり変位制限装置を設置します。

地震発生には橋桁が変位するような水平力が働き、この橋桁の変位を最小限にすることを目的として変位制限装置は設置されます。
橋の設計に合わせて進行方向と直角方向に設けるなど条件によって設置は変わります。
落下防止装置も地震などの際に橋桁の落下を防ぎ、二次被害を防止する目的で設置します。

支承取替

支承取替

支承とは、橋梁において主桁・主構の伸縮吸収や耐震性の向上を目的として橋台・橋脚の間に設置して変形を吸収する部材のことです。
支承には大きく分けてゴム支承と鋼製支承があり、支承保護を目的に亜鉛・アルミ合金溶射などを行います。

支承取替工法に要求される事項としては、
・気温が0℃~50℃(油圧に使われる油が正常に機能する温度)
・設置可能なスペース(幅、奥行き、高さ)が確保されている
・主桁反力を確実に支承へ伝達できること
などが挙げられます。

伸縮装置取替

伸縮装置取替

橋梁用伸縮装置は、橋台と橋桁、又は、橋桁と橋桁との隙間(遊間)に設置されるもの。橋梁を設計する際、橋桁が温度変化などによって伸び縮みをします。
しかし、橋桁は両側を橋台でおさえられているため、ぶつかり合って橋台又は橋桁にヒビが入ったり壊れたりしてしまいます。
橋桁と橋台とが、また橋桁と橋桁がぶつかり合わないように、遊間(隙間)つまり"あそび"を設けます。
この遊間を覆い、橋の継ぎ目に設置して車や歩行者の走行を確保するために橋梁用伸縮装置が必要になります。

伸縮装置取替は、伸縮装置の老朽化や耐震性能の向上を目的に、様々な種類のものがある新式の中から条件に合うものを選択します。
伸縮装置の取替には道路を交通規制をかけて作業する場合が多く、作業後速やかに交通規制の解除を行うなど時間管理が重要となる工事です。

樹脂・モルタル注入工事・アンカー工事

樹脂・モルタル注入工事・アンカー工事

モルタルとは、砂(細骨材)とセメントと水を混ぜて作られる建築材料のこと。ペースト状で施工性が良く、仕上げや調節、復元などに多く用いられる。
樹脂・モルタル注入工事は、断面修復の際にコンクリートの劣化部分を斫り除去したのち断面修復材を使ってコンクリートの断面を復元する時に行う工事です。型枠を用いず人力で塗り付ける左官工法、型枠を用いて圧入する充填法、圧縮空気などを用いて吹付ける吹付け法があります。

アンカー工事は強風や地震などの際に被害を抑えることを目的に建物や橋梁などに多く用いられます。
アンカー工事には、コンクリートの打設前に埋め込む「先付け工法」と、躯体コンクリートを打設した後に埋め込む「後付け工法」に分けられます。後付け工法はさらに、打設後に穴あけをする「後施工アンカー工法」と打設前にアンカー取付穴をあけておく「型抜き工法」に分けられます。

断面修復工

断面修復工

断面修復工法は、浮き、剥離、内部欠陥、塩害等のコンクリートの劣化部分を斫り除去(形を整えるために表面を鑿などで削ったりすること)を行い、断面修復材を使って削ったコンクリート断面を復元する工法。
斫り除去は、劣化部分を完全に取り除くように、なおかつ健全部への影響を最小限に抑えなければいけません。
実施にあたり、設計図書に指示された補修個所だけでなく、施工前に調査を行い、外観調査や打音調査などからコンクリートの浮き、剥離部を確認した上で施工します。

断面修復工法は、左官工法、充填工法、吹付け工法があり、一般的に修復する断面の広さや補修工事の目的、経済面によってに決定します。

左官工法は、修復断面が小さい場合や点在している場合に適用され、型枠を用いず人力によって断面修復材を塗りつける施工方法。
充填工法は、修復断面が比較的大きい場合に適用され、型枠を用いて流動性のあるモルタルや断面修復材を圧入する工法。
吹付け工法は、修復断面が比較的大きい床版や橋梁下面等の上向きや横向きの施工に適し、断面修復材を圧縮空気などを使って吹付け、断面の形状を復旧する工法。

補修材料は、躯体コンクリートと比べて強度が同等以上のもので、躯体との付着強度も規定を満たす材料が選定されることが一般的です。 

ひび割れ注入工

ひび割れ注入工

ひび割れ幅が過大でない限り、構造物の安全性に大きな影響を及ぼすことは少ないといわれています。

ひび割れが多数発生したコンクリート部材では、ひび割れにより剛性(曲げ・ねじりなどの力に対して歪まない性質)が低下します。
剛性が低下したコンクリート部材では、荷重に対する変形量が大きくなったり、大きな揺れが発生するなどして、構造物の使用性能が低くなってしまうことがあります。
使用性能が低下した部材に対しては、原因に応じてひび割れの進行を抑制・補強などを行って剛性を回復させる必要があります。

ひび割れ注入工法は、コンクリート内部鋼材の腐食劣化防止や、ひび割れたコンクリートの復元などを目的に、ひび割れが発生した箇所の内へ補修材を注入する工法です。

ひび割れの発生には
・鉄筋の発錆によるもの
・凍結融解によるもの
など様々な発生要因があります。

コンクリートの乾燥収縮または構造的ひびわれに対しては、幅の開きに追随して補修効果を維持できるひび割れ注入材料の使用が望まれる等、発生要因・発生個所によって適した材料を選定・使用する必要があります。

tel:058-279-6355,fax:058-279-5725

施工事例
橋梁、コンクリート構造物の補修・補強工事
鋼構造物の取付 (落橋防止・変位制限装置取付等)
足場工事
支承取替工事
伸縮装置取替工事
はく落対策 床版補強工事 
断面修復工
コア削孔・アンカー工事
縁端拡幅工
ひび割れ注入工
トンネル関連工事
福利厚生 慰安旅行 他
有限会社 斉木組
〒501-6122
岐阜県岐阜市柳津町高桑西
5丁目60番地

岐阜市の【有限会社 斉木組】では、現在とび職人を募集中です!とび求人にご興味のある方・力仕事に自信のある方・高収入のお仕事をお探しの方大歓迎です!仲間と一緒にやりがいを感じて働きませんか?
また、橋梁工事やトンネル工事、補修・補強工事など様々なご依頼を承っておりますので、お悩みの際はぜひ一度お問い合わせください。

  • tel:058-279-6355,fax:058-279-5725
  • mail form
  • 求人情報
  • blog

header